三本松が好機を確実に生かした。一回に先頭の三塁打と内野ゴロで先制し、二回は渡辺がソロ。四回に犠飛などで2点、六回は敵失にも乗じ3点を加えた。佐藤は4失点で完投。下関国際は後半の反撃も1点ずつで、流れを呼び込めなかった。