明豊が接戦を制した。4―4の八回に2点を勝ち越されたが、その裏に三村の二塁打で1点を返し、2死二塁から浜田の2ランで逆転した。坂井は六回に3点差を追い付き、一度は主導権を奪い返したものの、吉川が踏ん張り切れなかった。