F東京が競り勝った。前半はボールを支配されたが、後半は主導権を握り、サイドを起点に攻撃の形をつくった。決勝点は後半43分。縦パスに走った室屋の折り返しをウタカが押し込んだ。神戸は相手GKの好守にも阻まれ、3連敗。