大宮が6試合ぶりの勝利を挙げた。前半からボールを支配して主導権を握り、後半28分、河本の浮き球のパスを江坂が止めて左足で決めた。新潟はその後、伊藤、河田らを投入して反撃したが、追い付くことはできず、10試合連続で白星なし。