【ダブリン(アイルランド)時事】ラグビーの15人制女子ワールドカップ(W杯)は13日、アイルランドのダブリンで1次リーグの第2戦が行われ、C組で世界ランキング14位の日本代表は同5位の地元アイルランドに14―24で敗れて通算2敗となった。

 日本は前半に2トライを挙げて14―0で折り返したが、ミスが増えた後半に3トライを許して逆転負けした。17日(日本時間18日)には世界6位のオーストラリアと対戦する。同組のフランスはオーストラリアを48―0で破って2連勝。

 B組では2014年の前回大会を制したイングランドが56―13でイタリアに勝利。A組では前回準優勝のカナダがウェールズを15―0で下した。