1―1で引き分け。磐田は前半21分、中村俊のFKからこぼれ球をムサエフが押し込み先制。粘り強く守ったが、逃げ切れなかった。浦和はボールを支配しながら決定機を欠くも、後半34分に得点。背後を突く青木のパスに興梠が頭で合わせた。