大相撲の横綱日馬富士(33)=本名ダワーニャム・ビャンバドルジ、伊勢ケ浜部屋=が、同じモンゴル出身の幕内貴ノ岩(27)=アディヤ・バーサンドルジ、貴乃花=に暴行を加えていた問題が発覚してから一夜明けた15日、日馬富士が帰京した。伊勢ケ浜部屋関係者によると、同日夜には福岡県太宰府市の部屋宿舎に戻った。警察が捜査に乗り出しており、日馬富士らが近日中に事情聴取される可能性がある。

 横綱白鵬は15日に福岡国際センターで行われた九州場所4日目の取組後、日馬富士が暴力を働いた10月下旬の鳥取市での酒席に同席していた事実を認めた。

 相撲協会は、貴ノ岩側からの被害届を受けた警察から今月2日に連絡が入ってこの問題を把握。3日に貴ノ岩の師匠で協会の巡業部長を務める貴乃花親方(元横綱)と、日馬富士の師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)に電話で事情を聴いたが、ともに「よく分からない」などと答えたという。

 貴ノ岩は10月下旬の受傷後も公の場に姿を見せていたものの、九州場所を初日から休場。9日に「右中頭蓋底骨折、髄液漏の疑いなどで全治2週間程度」と診断されていた。