西武の菊池雄星投手(26)が8日、埼玉県所沢市のメットライフドームで契約更改交渉に臨み、1億4000万円増の2億4000万円でサインした。大幅増に「一年間頑張ってくれたという言葉がうれしかった。報われた感じがした」と笑顔を見せた。

 今季は先発ローテーションを守って26試合に登板し、16勝6敗、防御率1.97の好成績で最多勝、最優秀防御率の2冠に輝いた。ゴールデングラブ賞を受賞し、ベストナインにも選ばれた。個人的には活躍したが、チームはリーグ2位に終わっただけに「来年は日本一を目指して、そこだけに集中して投げていきたい」と話した。(金額は推定)。