広島が競り勝って3連勝。先制された直後の一回に松山が同点2ラン。田中が二、四回にともに右前へ勝ち越し打を放った。2番手の薮田ら救援陣が好投した。ヤクルトは山田哲の2ランなどで粘ったが、原が4回5失点と精彩を欠いた。