日本ハムは三回、近藤の中前打で先制。四回にアルシアの1号ソロ、六回に清水の2ラン、七回に中田のソロで加点。上沢が三回に危険球で退場したが、6人の継投でしのいだ。西武は12安打で再三好機をつくったが、あと一本が出なかった。