奈良大付は全体に振りが鋭かった。一回に敵失絡みで1点を奪った後、五回に宮川が右中間へ2点本塁打。八回には上野が犠飛を打ち上げて加点した。木村は球威があり、8安打に抑えて1失点完投。変化球の切れも鋭く8三振を奪った。