10日の第2試合、日大三―折尾愛真で球審を務めていた永井秀亮審判員は七回終了時に右足がつった状態となったため、八回から西貝雅裕審判員に交代した。大会本部によると、病院で軽度の熱中症と診断された。