日本アイスホッケー連盟は14日、北海道清水町を拠点とする女子のクラブチーム「御影グレッズ」で指導者によるパワーハラスメントがあったとして、元コーチらの処分を発表した。暴力行為などが確認された小野豊元コーチに3年間の登録停止、選手兼任だった平昌五輪代表の小野粧子元コーチは6カ月の活動停止とした。粧子氏は既に現役を引退している。

 パワハラ行為を知りながら止められなかった細田秀夫元監督と川端忠仁元コーチは文書による戒告処分。4人は既に解任されてクラブを離れた。日本連盟は今年4月に通報窓口に寄せられた情報を基に調査を行っていた。

 連盟によると、小野豊コーチは2008年の就任以降、選手に対してスティックでヘルメットを殴る、フェースガードをつかんで揺さぶるなどの暴力行為を働いた。妻の小野粧子コーチも同調し、夫に叱責された選手を孤立させるような言動を取っていたという。