卓球のワールドカップ(W杯)団体戦は9日、東京体育館で男女の準決勝が行われ、女子の日本は韓国を3―1で下した。第1試合のダブルスを落としたが、シングルスで伊藤美誠(スターツ)、平野美宇(日本生命)、伊藤が3連勝した。大会9連覇を目指す中国は台湾を3―0で退けた。10日の決勝は日本―中国の組み合わせ。

 男子の日本は8連覇を狙う中国に0―3で敗れて3位。第1試合のダブルスで敗れると、シングルスでも張本智和(木下グループ)、吉村真晴(名古屋ダイハツ)が連敗した。韓国は台湾を3―0で下し、10日の決勝で中国と対戦する。