左内腹斜筋の筋損傷で2軍調整中のオリックスの山岡泰輔投手が2日、ウエスタン・リーグの阪神戦(鳴尾浜)で実戦復帰し、3回3分の2を投げて5安打3失点の内容だった。60球が目安だったそうで、59球で交代。球団を通じ「取りあえず無事投げられてよかった。全力で投げにいったが出力的には50〜60%」とコメントした。

 山岡は6月26日のロッテ4回戦(ゾゾ)で左脇腹に違和感を覚えて交代した。今後の登板については「あす以降の状態などを確認してからになる」と話した。