両チームとも決め手を欠いて無得点。ウルグアイは組織的に守り、両サイドのスピードを生かした速攻を狙った。チャンスをつくったが、前半終了間際のゴディンと試合終盤のバルベルデが放ったシュートは枠にはじかれた。

 韓国はパスを丁寧につないで攻めたが、孫興民らが不発。終盤は押し込まれながらも粘り強く守り切った。