【モスクワ時事】ロシア通信は20日、サンクトペテルブルクで3日に起きた地下鉄爆破テロの実行犯とされるキルギス出身のアクバルジョン・ジャリロフ容疑者=爆破時に死亡=が「国際的なテロ組織」から資金を受け取っていたと報じた。

 捜査当局は19日、モスクワ郊外でキルギス出身のアクラム・アジモフ容疑者(28)を拘束。同容疑者がトルコで受け取った資金がジャリロフ容疑者に渡った疑いがあるという。どのテロ組織が資金援助したのかは明らかになっていない。捜査当局はこれまでに、テロに関与した疑いで10人を拘束した。