【チェンナイ(インド)時事】インドのムカジー大統領(81)の任期満了に伴う大統領選の投票が17日、実施された。与党インド人民党(BJP)候補のラム・ナス・コビンド前ビハール州知事(71)と野党国民会議派などが推すメイラ・クマール元下院議長(72)の一騎打ち。結果は20日に発表される。

 両候補はいずれも、インドに約2億人いるとされる旧被差別階層「ダリット」出身。インド紙ヒンドゥスタン・タイムズは、2019年に予定される総選挙に向けた与野党の思惑を伝え、「BJPはコビンド氏擁立によりダリット票の取り込みを狙っている」「野党側はクマール氏を立てて、BJPの企てを阻もうとしている」と選挙戦の構図を報じた。