【ソウル時事】韓国軍合同参謀本部は10日、声明を発表し、北朝鮮が「ソウルを火の海にする」と威嚇しながら米領グアム島周辺へのミサイル発射計画を公表するなどしていることについて、「わが国民と韓米同盟に対する深刻な挑戦だ」と非難した。その上で、「万一、挑発に出れば、わが軍と韓米同盟の強力かつ断固とした対応に直面する」と警告した。