【ソウル時事】韓国大統領府報道官によると、鄭義溶国家安保室長は11日、マクマスター米大統領補佐官(国家安全保障担当)と電話で会談し、北朝鮮の米領グアム島近海へのミサイル発射計画公表などで緊張が高まる中、対応策について協議した。両者は安全保障のための「段階別措置」について、米韓が「緊密にかつ透明性を持って協調していく」との約束を再確認したという。

 韓国大統領府当局者は「段階別措置」の具体的内容に関しては言及を避けた。