【ロンドン時事】ロンドンの地下鉄で15日起きた爆弾テロで、英警察は17日、21歳の男を拘束したと発表した。警察は先に18歳の男を拘束しており、事件に絡んだ拘束者は2人目。

 21歳の男はロンドン西部ハウンズローで身柄を確保された。18歳の男との関係などを調べているもようだ。

 英国のテロ警戒レベルは事件後、最高度の「危機的」に引き上げられたが、17日、捜査の進展を受け一段下の「重大」に戻された。ただ、「重大」は新たな攻撃が起きる可能性が依然、高いことを意味し、引き続き警戒態勢が取られる。

 報道によると、警察は16日、テロ捜査の一環としてハウンズローの南郊で難民の子供らの里親として知られる夫婦が所有する住宅を家宅捜索した。英大衆紙サンは、18歳の男が「夫婦の元に身を寄せていた難民とみられる」と伝えた。

 18歳の男は16日朝、英南部ドーバー港のフェリーの出発エリアで拘束された。フランスに逃亡を企てたか、新たなテロを準備していたかは不明。男を拘束後、警察は港湾内を捜索して複数の物品を押収したという。

 今回のテロでは朝のラッシュアワーに地下鉄車内で爆弾が爆発、乗客ら30人が負傷。過激派組織「イスラム国」(IS)が犯行声明を出した。仕掛けられた爆弾には、ISが過去のテロで使用した高性能爆薬「TATP」が使われていたとの見方が浮上している。