【ニューデリー時事】国連アフガニスタン支援団(UNAMA)は15日、昨年1年間にアフガンでのテロや戦闘で民間人1万453人が死傷したと発表した。死傷者が1万人を超えるのは4年連続で、反政府勢力タリバンや過激派組織「イスラム国」(IS)の活動などによる治安悪化に歯止めがかからない現状が明らかになった。

 UNAMAによると死者数は3438人。全死傷者の3割以上が子供だった。