【ソウル時事】韓国の労働団体が釜山の日本総領事館前に戦時中の徴用労働者を象徴する像の設置を計画している問題で、韓国外務省は17日までに、労働団体などに公文書を送り、「外交公館の保護に関連した国際慣例の観点から適切ではなく、外交問題を引き起こす可能性が高い」と懸念を表明した。その上で、歴史館など別の場所に置くよう促した。聯合ニュースが伝えた。

 これに対し、設置を計画している団体は「政府の意向とは関係なく、総領事館前での設置を進める」と強調、5月1日に強行する構えを崩していないという。