【香港時事】逃亡犯条例改正の反対運動をきっかけとする抗議活動で、デモ隊による香港国際空港占拠の影響は14日も続いた。同日午前、空港業務はおおむね回復し、航空便は発着を再開したが、同日だけで約100便が欠航となる見通し。13日夜には、中国本土出身とみられる男性が集まった群衆に暴行を受ける場面もあり、混乱が深まっている。香港の裁判所は14日までに、空港利用の妨害を禁止する臨時命令を出した。

 空港当局によると、抗議活動に参加した市民は14日朝までに多くが空港を離れたが、一部は座り込みを続けている。前日も午後から人が集まり始め、空港は機能不全に陥った。今後も断続的な占拠が行われる可能性がある。裁判所の禁止命令は、空港側が指定した場所以外での抗議活動も禁じる内容だ。