北海道の夏の風物詩「さっぽろ夏まつり」が札幌市の大通公園で始まった。国内最大級の1万3000席が設けられたビアガーデンは早速、暑気払いの客で盛況に。期間は8月17日までで、およそ200万人の来場が見込まれている。
 ビアガーデンは、東西約1キロの6会場で国内ビール大手4社と世界各地のビールが楽しめる。営業時間は正午から午後9時まで。オープニングセレモニーでは、岸光右副市長の乾杯に合わせ、来場者らがジョッキを傾けた。
 8月11〜17日には同公園2丁目会場で来場者が自由参加できる恒例の「北海盆踊り」が開催されるほか、最終日には仮装コンクールが行われ、最優秀賞を選ぶ。【もぎたて便】
[時事通信社]