千葉県船橋市の非公認キャラクター「ふなっしー」の功績を称えようと船橋商工会議所の会員企業によってアルミ製のミニチュアふなっしー像が製作され、市内で贈呈式が行われた。寄贈を受けたふなっしーは「船橋のものづくりの技術力の高さは素晴らしい」と完成度の高さに驚きを示した上、「ありがとうございますなっしー」と謝意を述べた。
 像は高さ約22.5センチ、重量約4.25キロ。3Dデザイン・設計のネクストエンタープライズが200枚以上の写真を基に設計し、金属部品加工のパール技研がアルミブロックを切削加工して製作した。
 発案した伊藤賢二名誉会頭は「全国津々浦々、老若男女に船橋を知らしめていただいた」と指摘。パール技研の小嶋大介社長は「肌は細かめに洋服は粗めに、しわなどいろいろなものも違和感なく表現できるように削り出した」と苦労を語った。【もぎたて便】
[時事通信社]