みらいコンサルティンググループ 編
A5判/212ページ/定価2300円+税/同文館出版 

BOOK REVIEW ―人事パーソンへオススメの新刊

■ 近年、「いわゆる正社員」と「非正規雇用の労働者」に二極化している働き方を見直すべく、厚生労働省により「多様な正社員制度」の導入が推進されている。また法的にも、労働契約法に基づく有期契約労働者の無期転換権発生が迫っており、無期転換者を自社の人事制度にどう位置づけるかが人事の喫緊の課題となっている。本書は、このような社会的・法的な要請に各企業が応える形で、多様な正社員制度の類型である「限定正社員制度」を導入するための手引きである。
■ 本書の主な論点は、大きく分けて「なぜ限定正社員制度を導入・活用すべきなのか」(第1〜2章)と「限定正社員制度を設計する際の考え方」(第3〜6章)の二つと言える。前者への回答としては、非正規社員のモチベーション向上、無期契約転換への対応、育児・介護を行う社員や高年齢者の活用、女性活躍支援や人材採用戦略の点でメリットがあると述べる。さらに、各社が法対応の面から、今後多くの企業が制度検討の必要に迫られる先行きを見通し、早く導入した会社ほど優秀な社員や若手を確保できると付言されている。
■ 後者については、事前準備から導入までのフローと、導入する人事制度や就業制度、育成制度の考え方を述べる。導入までのフローを「事前準備・設計・導入準備」に分け、各フェーズでやるべきことを詳細に示している点、制度の考え方を限定正社員の類型(勤務地限定、勤務時間限定、職務限定)ごとに述べている点、制度移行時や運用時の留意点にも言及している点など、実務目線の内容となっている。本制度の導入を検討している人事担当者は、本書を一読し、自社に合った制度を吟味しつつ設計に臨んでいただきたい。

 



限定正社員制度導入ガイドブック

内容紹介 
労働人口が減少する中、「働き方改革」ができない企業では人材不足を招き、ビジネスそのものが行えなくなる時代となってきました。優秀な人材の獲得・定着の解決策として、「限定正社員」制度が注目されています。本書では限定正社員制度導入に伴う人材獲得戦略・要員管理の見直しから、自社の給与・就業・育成の制度設計・運用の実務まで幅広く解説します。
ジンジュール