白河桃子 著
少子化ジャーナリスト 相模女子大学 客員教授 
新書判/269ページ/定価880円+税/PHP研究所 

BOOK REVIEW  ―人事パーソンへオススメの新刊

■ 近時、「働き方改革」に関する話題が紙面をにぎわしている。「残業削減」や「生産性向上」という言葉が先行している中、著者は真の働き方改革は「会社の魅力化」であると説く。いわば「経営改革」として働き方を変えていく必要があるのだ。本書は、政府の「働き方改革実現会議」で有識者議員を務めた著者が、働き方改革の課題と成功の秘訣(ひけつ)をつぶさに解説した一冊である。
■ 第1章から第3章では、働き方改革に成功している企業等の事例や施策を紹介し、実務の側面からそれぞれの成功要因について詳述。第4章と第5章では、霞ヶ関の事例やメディア業界、資生堂の事例を基に、真に女性が活躍できる働き方について解説する。第6章では、長時間労働の是正が少子化対策に寄与することを欧州諸国の実例から説明。第7章では、働き方改実現革会議で「残業上限規制」が盛り込まれるまでの道のりを紹介し、さまざまな視点から働き方改革を見ていく。
■ 一読をお勧めしたいのが、働き方改革の先端事例として第2章で紹介されている取り組みの数々だ。長時間労働が定着していた社風の改革、多様な働き方への対応、生産性向上と時短の両立、仕事を属人化しないための工夫など、働き方改革の成功を目指す上でのポイントが数多く詰まっている。また、それぞれの事例ごとに、各社の課題や問題意識、それを解決するための方策が整理されており、一連の流れとして理解しやすい。今の働き方を前向きに改めるヒントを求めている方に読んでいただきたい一冊である。

 



御社の働き方改革、ここが間違ってます! 残業削減で伸びるすごい会社

内容紹介
政府の働き方改革実現会議で有識者議員を務めた著者は、真の働き方改革とは言わば「会社の魅力化プロジェクト」と説く。本書で取り上げた働き方改革先進企業では、改革を経て、低迷商品の売上V字回復、制約社員の活躍、職場の雰囲気改善などの成果が出ている。また、働き方改革は社会も変える。女性活躍・少子化改善・地方創生にも効果を発揮することが分かってきた。第一人者による、新しい働き方の理論とノウハウを徹底解説した1冊。
ジンジュール