佐藤広一 著
HRプラス社会保険労務士法人 代表社員・特定社会保険労務士 
A5判/224ページ/定価1800円+税/アニモ出版 

BOOK REVIEW  ―人事パーソンへオススメの新刊

■ 現場で何か問題が発生したとき、最初にそのトラブルに対処するのは管理職・マネジャーである。労務トラブルの拡大を防ぐには初動対応が重要であり、また未然にトラブルを防止するためにも管理職・マネジャーが労務管理の知識を身につけておく必要性は高い。本書では、プレイングマネジャーとして繁忙を極める管理職・マネジャーが知っておくべき労務管理の知識とノウハウを解説する。
■ 著者は、管理職・マネジャーが学ぶべきポイントとして、①管理職の役割と責任、②部下のタイムマネジメント、③採用面接・人事考課、④多様なワークスタイルの活用、⑤育児・介護休業の知識、⑥メンタル不調者への対応、⑦ハラスメントの防止、⑧問題社員への対応――の八つを挙げる。各ポイントに1章ずつを割き、労働法の知識、トラブルへの対応法、現場で有用なマネジメントのノウハウなど、実務で役立つ情報が詰まっている。また、働き方改革や同一労働同一賃金、テレワークなど時事の話題も盛り込み、今後重要となるだろうテーマもカバーされている。
■ 初めて労務管理に取り組む人や、労働法に馴染みの薄い読者層を意識して、理解しやすい構成に配慮している点も本書の特徴だ。各章で取り上げている項目ごとの解説はおおむね2〜4ページ程度でコンパクトに整理されており、ポイント部分については図解や具体例も数多く盛り込まれている。社会保険労務士として「労務トラブルの未然防止」を重要なテーマに掲げる著者の知見が詰まった一冊であり、社内向けの研修テキストとしてもお勧めしたい。

 



管理職になるとき、これだけは知っておきたい労務管理

内容紹介
管理職に求められるスキルとは? 不必要な長時間労働を防ぐにはどうする? メールで退職届が届いたけど、これは有効? 部下がメンタル不調になったらどうすればいい? パワハラと業務上適正な指導のいずれかの判断は? 職場での私用ネット利用にはどう対応する? 一般社員との違い、労働法のルールから労働時間管理、ハラスメント対策まで、図解でやさしく理解!
ジンジュール