松丘啓司 著
エム・アイ・アソシエイツ株式会社 代表取締役役 
四六判/180ページ/1500円+税/ファーストプレス 

BOOK REVIEW  ―人事パーソンへオススメの新刊

■ 今日、マネジャーに求められているのはメンバー一人ひとりの成長を支援し、パフォーマンスを高めるためのマネジメント、つまり「ピープルマネジメント」だと著者は言う。ピープルマネジメントはメンバーとのコミュニケーションを通じて行われるため、本書ではその場としてマネジャーとメンバーの1対1の対話、「1 on 1」の実践を提案する。
■ 本書はピープルマネジメントの全体像を整理した上で、1 on 1を中核としたピープルマネジメントのノウハウを紹介する。まず1 on 1の前に「自分を振り返る」「マネジャーの役割を認識する」ことから始め、その次のステップとして「メンバーを理解する」「リフレクション(内省)を支援する」「目標設定を支援する」など、1 on 1の対話を通じて取り組むテーマについて解説する。テーマごとに実践すべき五つのトピックスが整理されており、1 on 1を効果的なものにするためのポイントを押さえることができる。
■ 環境がめまぐるしく変化していく中で、多様な価値観を持つメンバーのパフォーマンスを最大限に引き出すためには、お互いを理解しながら、リアルタイムで振り返りと軌道修正を行って個人の成長を支援していくことが重要である。そういったマネジメントスキルを高めていくためには何を実践すればよいのか、そのヒントが本書から得られるはずだ。

 



1 on 1マネジメント どこでも通用するマネジャーになるためのピープルマネジメント講座

内容紹介
部下一人ひとりの意欲を高め、成長を促すピープルマネジメントがあらゆる業界で求められています。しかし、ほとんどのマネジャーは、ピープルマネジメントについてこれまでの上司から教えられたことも、自分で学ぶ機会もほとんどありませんでした。そのため、現場のマネジャーは個々人に応じたマネジメントの必要性を感じながらも、何から手を付けてよいかわからないというのが実情です。あらゆる企業がピープルマネジメントスキルを持ったマネジャーを求めています。ピープルマネジメントスキルは業種や職種に関わらず必要とされます。本書では、そのようなピープルマネジメントのポイントをわかりやすく解説します。
ジンジュール