image

7月21日、尾田栄一郎による人気漫画『ONE PIECE(ワンピース)』がハリウッドで実写ドラマ化されることがわかった。海外ドラマ『プリズン・ブレイク』を制作した「TOMORROW STUDIOS」が手がけるという。

今年は『ジョジョの奇妙な冒険』『鋼の錬金術師』『銀魂』『BLEACH』など、人気少年漫画の実写化が相次いでいる。ファンの間では「ワンピースだけは最後の砦」「実写化しないでそっとしておいて」という意見が多かっただけに、ネット上では悲鳴が上がっている。

ハリウッドで実写化といえば「週刊少年ジャンプ」で連載された『ドラゴンボール』の映画が記憶に新しい。あまりの酷評ぶりに脚本家が謝罪する事態になり、そのトラウマがファンに拒否反応を引き起こしているようだ。ネットでは「ドラゴンボールの二の舞にならないで」「ルフィの腕はどうするの?CGで自然に伸ばせるものなの?」「ワンピースのキャラの体型は人間には再現できない」など、早くも実写化を不安視する声が上がっている。

そんなファンの反応を見越してか、尾田栄一郎は「20年の間に実写映画化の話はいくつもありました。まず『20年間作品を支えてくれているファンを絶対に裏切らないこと』これが僕からの条件です。不安の声もあがるでしょうがどうか期待の声をください」とメッセージを発信。これを受けて、「おだっちがここまでいうなら信じたい」「まあ日本での実写化じゃなくてよかった」と気を取り直すファンも。

賛否両論の声が挙がるドラマ化だが、実写化自体は15年に四代目市川猿之助主演の「スーパー歌舞伎?」でも行われている。こちらは今年から再演も始まるなど、ファンに広く受け入れられているようだ。ちなみに舞台ではルフィの腕が伸びるシーンを、多くの黒子たちが自らの腕を繋げ1本の腕のように見せるなどして表現していた。

潤沢な製作費で、不可能と思われた人気原作の実写化に何度も成功しているハリウッド。今回は原作ファンの期待を裏切らないドラマを作り上げてくれることを祈りたい。