image

ここ数年の視聴率低迷を打開できないフジテレビ。6月に宮内正喜社長(73)の新体制が発足して迎え、7月クールのドラマがスタートした。

ここ最近は視聴率1ケタを連発。すっかり勢いを失っていた看板ドラマ枠の「月9」だが、山下智久(32)主演の「コード・ブルー ―ドクターヘリ緊急救命― 3rd season」が初回16.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。見事に“復権”を果たした。

そのいっぽう、真木よう子(34)主演の「セシルのもくろみ」は初回から5.1%と大コケ。第2話ですでに4.5%にダウンしてしまったのだ。

「真木さん演じる平々凡々な主婦がモデルとしてファッション業界で成り上がるシンデレラストーリー。いまだに“バブル感覚”が抜けないフジ制作サイドお得意のドラマだが、まったく視聴者に受け入れられなかったようです。ここ数年のフジの連ドラだと、15年の『HEAT』が全話平均4.1%で大爆死。決まっていた映画化も白紙になったといいますが、このままだと真木さんのドラマも……」(放送担当記者)

視聴率が低迷しているものの、特に目立った番宣などはなし。それどころか、すでに万策が尽きたようす。PRも真木が孤軍奮闘しているような状態なのだ。

「真木さんには、ツイッターのフォロワーが14万人います。その発信力を最大限に活用。ドラマ放送中は“実況ツィート”をしたり、撮影現場の写真を掲載するなどしています。シングルマザーとして子育てをしながらのPRは大変なはず。ほかの事務所からは『もしうちのタレントがあんなことをやらされたらたまらない』と厳しい声も出ています。でも真木さんにそこまでさせておいて、ドラマは大コケ。そんな窮地に、今後は役者陣の“フジ離れ”が加速することが懸念されています」(芸能プロ関係者)

それでも真木は第2話の視聴率を受け「仲間達よ、聞いて下さい! 2話の視聴率、4.5%だったよ!!!! 関東圏のみ。地方では、8.9%出てるらしいですけどねぇ」とポジティブな書き込み。果たして、いつまでポジティブでいられるのだろうか?