image

「この夏はプライベートの計画を立てるのは難しいかなぁ」

そう語るのは、放送中のドラマ『過保護のカホコ』(日本テレビ系・水曜22時〜)で、民放では初の主演を務める高畑充希(25)。目下、撮影に全力投球の様子。

「現場にいるときの気持ちは、主演だと全然違います。“主演”は、自分の空気感が撮影現場の空気を左右する。責任重大です。とにかく、私のせいで現場がピリピリしないように心がけて。スタッフさんにたくさんかまってもらっています(笑)」(高畑・以下同)

演じるのは、母の助けなしには着る服を選ぶこともできない史上最強の箱入り娘“カホコ”こと、根本加穂子。そんな娘と強烈な依存関係を続けている母・泉を黒木瞳が、その状況に危機感を抱きつつも何も言えない父・正高を時任三郎が演じている。

「黒木さんは聡明で、何事もスピーディ。いろんなことを教えてくださる。時任さんはいつも静かにほほ笑んでいて、たまにボソッと面白いことを言う方。癒されてます(笑)。身長が188センチあって、カッコいいパパです」

また、カホコに唯一、辛辣な言葉を放つ存在が、竹内涼真扮する大学生・麦野初だ。

「初君みたいにズバズバ言う人は、私自身は少し苦手。どちらかというと寡黙な人のほうが好きかなあ。私もそれほどしゃべるほうじゃないので。一緒にいて無言が楽な人がいい。それは男性も女性もです」