image

2月14日放送の「1周回って知らない話」(日本テレビ系)に出川哲朗(53)が出演。番組内で出川が明かした、人生で唯一出した“NG企画”が話題となっている。

「出川哲朗にNGはありません!」

出川は冒頭、そう豪語した。「来る仕事を基本的に拒まない」という出川は昨年、205本ものテレビ番組に出演。さらにCM10社と契約するほどの売れっ子芸人となった。

そんなリアクション芸人・出川の頼もしい発言に、スタジオからは拍手喝さいど。しかし続けて出川は「正直言うと、1回NGを出した企画がある」と語り始めた。

その内容とは、南アフリカでサメとキスをするというもの。ロープにつながれた肉をサメに食いつかせた後、ロープを手繰り寄せて出川がキスをする……というものだった。

「(サメの顔の)ギリギリまでいって、最終的にはこの辺までがんばったけど」と5cmほどの距離まで近づけることには成功したそうだが、やはり物怖じして断念したそうだ。

しかしTwitterでは、チャレンジする姿勢を見せた出川の“リアクション芸人魂”を賞賛する声が届いている。

《出川のサメとキスえげつない本当にすごい》

《サメより出川さんの方が強いと思うんだよね》

《見てみたかったけど笑 身体には気をつけてほしい》

“断念”した出川は、当時のディレクターは土下座したという。そして「出川さん、頼む!俺にも子供と奥さんがいるんだ!」と懇願されたことを明かし、こう話を締めくくった。

「そのとき悟ったの。サメより怖いのはディレクター」

昨年9月にも「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで! 特別版」(日本テレビ系)に出演した際、「(引退のビジョンは)1ミリも考えない」「夢は番組で死ぬこと」と告白。話題を呼んだ出川だが——。

仕事もほどほどに?