「真由子さんは10年来、交際していた彼との結婚を津川さんにずっと反対されていました。朝丘さんが亡くなって初めて、お父さんが結婚を許してくれて籍を入れたんです」(真由子の知人)

8月4日、心不全のため急逝した津川雅彦さん(享年78)。本来なら翌日に退院予定だったが、朝食後、容体が急変、長女の真由子(44)らに見守られ旅立った。4月27日に妻の朝丘雪路さん(享年83)を亡くしていた津川さん。肺を患い鼻に酸素チューブをつけながらも気丈に会見を開き、「娘を産んだこと。家を売ってくれたこと。僕より先に死んでくれたこと。すべてに感謝です」と応える姿が印象的だった。

津川が一人娘である真由子を溺愛した大きな要因は、生後5カ月で起きた自宅からの誘拐事件だった。

「41時間ぶりに両親のもとに戻る奇跡が起きました。津川さんは誰よりも真由子さんを可愛がり、娘さんに語りかける『恋娘 パパを育ててくれた君へ』という本まで上梓しました」(芸能記者)

津川さんは愛娘のために「日本一の父親」になろうと決意。天然素材の木製のおしゃぶりを買い求めようとしてプラスチック製しかないことを知った苦い記憶が、本物志向のおもちゃ店『グランパパ』を経営する出発点にもなった。

「基本的に津川さんは自分が認めない限り、愛娘の結婚を許していませんでした。08年末、『グランパパ』がバブル崩壊で6億超の負債を抱え、35年間住んだ世田谷区内の家も手放す結果となった。当時、真由子さんはすでに恋人がいて結婚を考えていたのですが、決して紹介できる雰囲気ではなかったんです」(前出・知人)

真由子が交際していたのは、友山裕之助(45)という俳優だった。

「刑事ドラマにゲスト出演していましたが、07年に所属する事務所が破産。真由子さんは意を決して、彼と一緒に同じ劇団を旗揚げしたんです。彼女と友山さんは度々共演しますが、津川さんは彼を認めることはありませんでした。津川さんからすれば、相手が売れていない役者なので、苦労が目に見えているという理由で長らく結婚に反対していたわけです。また、津川&朝丘の娘ということで、“娘がだまされて利用されているのでは”という疑念が拭いきれなかったようです」(演劇関係者)

この関係性に変化が訪れたのは14年。朝丘の最後の舞台となった時代劇ミュージカル『花や…蝶や…』だ。真由子がプロデュースを手掛け、津川と友山も出演。この前年、朝丘は認知症の診断を下されていた。真由子は『文藝春秋』18年7月号で、こう綴っている。

《母が大好きな仕事をもうできなくなるかもしれない、と思ったら、胸が締め付けられました。もう一度だけ舞台に立たせてあげたいと思ったのです》

朝丘は認知症の症状が出ながらも最後まで舞台を務めあげた。

「その舞台が無事、千秋楽を迎えられるよう誰よりも朝丘さんと真由子さんを支えていたのが友山さんでした。津川さんは朝丘さんの介護のため新たな一軒家を借りますが、津川さんも心臓に持病がある。日に日に症状が進行していく朝丘さんを、自宅マンションから通いで看に来る真由子さんの心労は尋常ではありませんでした。友山さんは心が折れそうな真由子さんを励まし、家事や介護のサポートをしていたんです」(舞台関係者)

朝丘の面倒を協力して最期まで見続けた2人を見て、津川の心も次第に氷解していった。

「朝丘さんが亡くなった後、津川さんも“もし自分に何かあれば、娘が一人取り残される。彼には娘の傍にいてほしい”と、ついに結婚を許したそうです。ただ、役者一家に生まれた津川さんとしては、このまま本名の加藤姓がなくなってしまうことを無念に思っていた。そこで“結婚するなら加藤の家を守ってほしい”と話し合い、最終的に友山さんが婿入りする結論になったようです」(前出・知人)

真由子は朝丘さんの四十九日が明けるのを待って入籍したという。津川さんの死から1週間。2人が暮らす都内のマンションから夜、出てきた真由子に話を聞いた。

――津川さんが亡くなったことでお話を伺いたいのですが。

「すみません。それは改めて事務所の方から案内するので、コメントは控えさせてください」

――もうすでに入籍し、津川さんの許しも得たと聞いています。

「その件も事務所を通して改めて……。今の状況では自分も何を話していいのかわからないので……」

最後は「ごめんなさい」と言って車を走らせていった。真由子の所属事務所『グランパパ』に改めて問い合わせたが、「お話はいっさいできません」と語るのみだった。前出の知人は声を潜めて言う。

「真由子さんは、『お母さんの一周忌が終わったら、披露宴をして、お父さんに花嫁衣裳を見せるんだ!』と嬉しそうに話していたんです。津川さんも本当に楽しみにしていたと。余りに急なことに大変ショックを受けていました……」

最愛の両親を失った真由子の悲しみを今、夫が全力で受けとめている。彼女は涙ながらに「偲ぶ会」の合同開催を検討しているという。