10月5日〜6日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表され、松岡茉優(24)主演の映画「蜜蜂と遠雷」は初登場4位にランクインした。

直木賞と本屋大賞をダブル受賞した恩田陸氏の同名小説を実写映画化。国際ピアノコンクールを舞台に、かつて天才少女と呼ばれた栄伝亜夜(松岡)をはじめ、若き4人のピアニストたちの挑戦・成長・運命を描く。

4日より全国324スクリーンで公開され、土日2日間で動員9万6000人。興収1億2700万円の成績の成績を記録したが、関係者はその結果に胸をなで下ろしているという。

「映画の公開直前当たりから、松岡さんに対する世間の“風当たり”が強くなっていました。そのため『映画の客入りに影響するのでは』と思われていましたが、集客できる作品の多いなかで4位に入ったのは上々の出だしといえるでしょう」(映画関係者)

松岡に対する“風当たり”が強くなったのは、先月25日に都内で行われた出演映画「ひとよ」(11月8日公開)完成披露試写会での舞台あいさつだった。

松岡は共演者を圧倒するほどしゃべり倒し、ある共演者からは「(司会の)仕事を取るんじゃない!」「しゃしゃるな!」と注意されたほどだったという。

それがネットニュースになると《笑いも女優もできます感、出しすぎ》《最近、勘違いしてるような言動が多い》など、批判の声があがっていたのだ。

「舞台挨拶での発言も、話題になればと思ってやってくれていること。松岡さんが気にしないよう、周囲も気を遣っているようです。松岡さん自身も、公開初日の舞台あいさつで再びしゃべり倒していました」(芸能記者)

7日放送の「しゃべくり007」(日本テレビ系)では、自分が落ちたオーディションを受かった土屋太鳳(24)から神経を逆なでするようなKY電話があったと実名暴露していた。

“舌好調”な松岡のおかげで、映画もさらに脚光を浴びそうだ。