公開中の映画『ブラック校則』で高校生役を演じている佐藤勝利も、10月30日に23歳の誕生日を迎えた。そんな彼が、いつもとは一味違った大人っぽいスタイルの撮影に挑戦。ベロアのジャケットとレザーの衣装は黒で統一し、“ブラック”が似合う大人の一面を見せてくれた。

ふだんのアイドルらしい笑顔から一転、大人の色気を感じさせる佐藤。最近、大人になったと実感することがあったという。

「ついに運転免許を取ったんですけど、車でご飯を食べに行って、『今日は運転してきたから』ってお酒を断ったとき、大人になったなって」(佐藤・以下同)

ドラマにバラエティにと大忙しの彼だが、車の中で過ごす時間がリフレッシュになっているのだとか。

「エンジンの音が好きなんですよね。だから自分で運転するのも、移動で乗ってるだけでもいい。休みができたら、愛犬のチャイと一緒に車でどこかへ出かけたいですね」

初単独主演映画となる『ブラック校則』で佐藤が演じているのは、理不尽な校則に立ち向かう高校生。そこで、自身がいま立ち向かっていることを聞くと、こんな本音が返ってきた。

「映画の公開に先がけて、ドラマもやってるんですけど、その撮影がけっこうタイトで……(笑)。スケジュールと闘ってます!」

本作には、同じ事務所の高橋海人(20)と田中樹(24)も出演しているが、現場でのエピソードは?

「樹くんは実際に高校の先輩だったので、制服を着て会うとなんだか懐かしい感じがしましたね。3人のなかでは海人がいちばん後輩なんですけど、僕も樹くんも『敬語じゃなくていいよ』って言っていたんです。だから海人は、僕にも樹くんにもタメ口で。だけど僕は、樹くんにいまさら敬語なしで話せないじゃないですか。だから、僕だけ樹くんに敬語使ってるっていう、複雑な関係になりました(笑)」