米国で今大人気のレストランといえばポパイズだ。今年発売したチキンサンドイッチが爆発的ヒットとなり、販売停止を余儀なくされたばかりか、販売再開の折には行列に並んだ客同士がトラブルを起こし、殺人事件にまで発展した。

良かれ悪しかれ話題に事欠かないポパイズだが、今度はいわゆる“バイトテロ”に見舞われてしまったようだ。

TMZが入手した写真には、客席から丸見えのキッチンで、大きなゴミ箱の上に置いたトレイの上でチキンサンドをつくっている従業員の姿が収められている。トレイには揚がったチキンやバンズが無造作に積み上げられており、これから客に出す食材とはとても思えない不衛生さだ。

写真が撮られたのはバージニア州フェアファックスの店舗。この店のオーナーによると、ゴミ箱で作業していたのは新人で、彼のためにすぐ新しい作業用テーブルを発注したという。チキンサンドの注文があまりにも殺到したためにケアが行き届かなかったとのことだが、この写真のおかげで注文は激減するかもしれない。