スウェーデン出身の俳優、マックス・フォン・シドーさんが今月8日に亡くなっていたことがわかった。遺族が英BBCなど複数のメディアの取材に対し、死去したことを認めた。90歳だった。

俳優としてのキャリアをスタートさせたのは1950年代。『エクソシスト』(1973)のメリン神父、『フラッシュ・ゴードン』の無慈悲なミン皇帝など、印象的な役を数多く務めた。

『ペレ』(1988)ではアカデミー主演男優賞に、『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(2011)では同助演男優賞にノミネート。

最近では『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』(2015)でロー・サン・テッカー役での活躍が記憶に新しい。