石田純一(66)が“お持ち帰り”をしていたと、8月4日に報じられた。

「週刊女性PRIME」によると仕事で福岡へと向かった石田は、夜遅くにパワーストーン販売会社の社長宅でシャンパンを3杯も一気飲み。その後、深夜3時ごろから25歳女性とホテルで共に過ごしたと伝えている。

今年4月、新型コロナウイルスの感染が発覚した石田。退院後の5月、本誌の取材に対し「一時は死をも覚悟するほどだった」と回想した。

生死をさまようなか、子供たちを思い出した石田は「あの子たちにほんのちょっとでもいいから、何か言葉を残したい」と考えていたという。

また「お医者さんには、『あと2日遅かったら、年齢的にもかなり危なかった』と言われました。妻がそばにいたことを本当にありがたく思いましたね」とも話していた。

石田は、そうして家族への思いや感謝を口にしたがーー。

しかし本誌は5月末、彼が夜な夜な千鳥足で歩いているところを目撃している。

新型コロナウイルスの快気祝いを終えた後、1人ふらついていた石田。道路の真ん中で立ち尽くし、車が来てとっさに避けるという一幕もあった。

そして、今回のお持ち帰り報道。

ネットでは夜遊びをやめない石田について、疑問視する声がこう上がっている。

《前回あれだけ猛バッシング受けたのにまた移動。そして宴。呆れるけどそれ以上に女性とホテルとか手を繋いだとかこの記事理子さんや理子さんの両親や子供が目にしたらどう思うんだろ》 《必死に治療した医療関係者はこれを見て何を思うのだろう。虚しい気持ちになるのではないか》 《コロナはまだ全解明されていませんし、いつ収束するか不明です。罹ることがいけないのではなく、軽率な行動や言動が反感を買っているのを理解されなければ、今後も家族を守れないと思います》 《石田純一すげえ堂々と夜遊びしてるな》