三浦春馬さん(享年30)最後の主演作『天外者(てんがらもん)』(現在公開中)。本作は、日本の未来を切り開いた五代友厚の物語で、日本のために激動の時代を駆け抜けた五代友厚、坂本龍馬(三浦翔平)、岩崎弥太郎(西川貴教)らの偉人と、女性たちの青春群像劇だ。

時代ごとに成熟していく多彩な役柄ーーその才能は、誰もが憧れ認めるものだった。衝撃の急逝から5カ月。別れを惜しむ声はいまだやまない。そんな三浦さんを偲んで、本誌記者が回想……“大河ドラマ取材での好青年の横顔”。

「『天外者』は三浦春馬さんの魅力が詰まった作品です。美しい立ち回りに、体躯を生かした走り、和装はもちろん洋装となったあとのさらなるりりしさ。そして、五代友厚が憑依したかのような渾身のお芝居。さまざまな準備をして撮影に臨まれたのだろうと想像はできても、今となっては確認することができません」(本誌記者・以下同)

記者が三浦さんに取材したのは大河ドラマ『おんな城主 直虎』のときだった。

「多くの媒体が集まり限られた時間の取材でも気づかいのできる人でした。台本を読んでいる体(てい)で撮りたいとお願いすると台本に目を落としながら『こんなセリフあったっけ!?』、そう言って私たちを笑わせ、スタジオの隅にあった道具を生かした撮影では『この撮影のために置かれていたかのような感じですね』とあの笑顔で。こちらを気づかい、気さくに話しかけてくれる姿は性格のよい好青年そのものでした」

その後の三浦さんは、ドラマの主演、番組MC、舞台再演、アーティストデビュー……と破竹の勢いで活躍。

「それだけに突然の訃報は信じがたいものでした。いまだ三浦さんの不在に喪失感を抱え、胸を痛める多くの人たちがいます。が、悲しみを抱えるいっぽうで、稀有なスター性を持つ人だからこその影響力に、やはり、三浦春馬ってすごいよなと改めて感じたりもします」

ドラマや映画以外にもuno(ウーノ)のCMでの可憐な雰囲気、タウンワークのCMでの歌声、FNS歌謡祭でのキレのあるダンス……と溌溂とした姿が浮かんでくる。

「まさに第一線でずっと活躍を続けてこられました。三浦さん、表現者としていつも最高のパフォーマンスで楽しませてくれ本当にありがとうございました。その功績に感謝と敬意を表したいと思います。だからこそ心安らかに穏やかでいてください。三浦さんの美しい輝きと多くの作品は人々の中に生き続け、語り継がれていきます」

「女性自身」2020年12月29日号 掲載