12月30日、草なぎ剛(46)が一般女性との結婚を発表した。

各メディアによると、草なぎは所属事務所を通じて「これからも、今までと変わらぬスタンスで仕事を続けていきたいと思っておりますので、皆様にも応援していただけるよう、日々精進してまいります」と報告。続けて、「このような状況下での報告になりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の一日も早い終息を願っています」とコメントしたという。

19年には一部週刊誌で、都内にある約200坪の土地に住宅を建てることも報じられた草なぎ。舞台や映画出演など多忙を極めていたものの、しっかり愛を育んできたようだ。

年末の“駆け込み婚”となったが、同日は愛犬・クルミちゃんの誕生日でもあるという。草なぎにとって、いっそう大切なアニバーサリーになりそうだ。

「17年3月に飼い始めたクルミちゃんは、何度かテレビ出演したこともあるんです。日頃から草なぎさんの行動をよく観察しているそうで、台本を読んでいるときなどは大人しくしているとか。

クルミちゃんは今年3月に、3匹の子犬を出産。最近はクルミちゃんとレオンくん親子でYouTubeに登場し、ファンを和ませています。草なぎさんは理想の女性に『クルミを好きでいてくれる人』と言うほど、愛犬たちはかけがえのない家族なのです」(芸能関係者)

今年9月に公開された映画『ミッドナイトスワン』では、“母”になりたかった主人公としてトランスジェンダー役にも挑んだ草なぎ。同月には本誌に登場し、役づくりについて「クルミちゃんが子どもを授かって育てられたことが僕にとって大きくて」と語っていた。

新型コロナウィルスの不安が広がるなか、「家族のつながりが心の支えになっていた」という草なぎは“結婚願望”についてもこう話してくれた。

「いい年なんでね、誰か一緒にいてくれたほうが安心するし、両親も心配してると思うから、そろそろ落ち着かなきゃなって思うんだけど。周りの友達を見ても、父になるってステキなことだなとうらやましいし。子どものことを考えたら早く結婚しなきゃ、『運動会で走れるかな?』とか考えるよね(笑)。機会があって、いい家族が持てればなと思います」

21年にはNHK大河ドラマ『青天を衝け』の出演や、主演ドラマ『ペペロンチーノ』(NHK BS)の放送も決定している草なぎ。公私ともに順風満帆な彼に、祝福が寄せられている。

《つよぽーーーん! 結婚おめでとう!! くるみちゃんの誕生日がさらにハッピーな記念日になったのね。 今年一番嬉しいニュースでした》 《つよぽん! ご結婚おめでとうございます こんな日が来るなんてビックリだけど、クルちゃんのお誕生日に入籍だなんて、ほんわかしました》 《剛くんビックリしたけど おめでとう! クルミちゃんの誕生日に結婚なんて素敵すぎるよ。 末永く幸せになってね》