「私の経験を通して新型コロナウイルスの実態を知ってほしい」、そう話す彼女。感染するとどういう生活になるのか、いまだに消えない後遺症の恐怖とはーー。

「昨年3月、親交のあった志村けんさん(享年70)が新型コロナで亡くなりました。それまで、どこか遠いところの出来事だと思っていたコロナを、急に身近に感じるようになったのです。それから、うがい、手洗い、マスクなど、一般的な感染対策に加え、次亜塩素酸水を使った加湿など、対策には気を使ってきました。しかし、そんな生活が長引くにつれて、気の緩みもあったのかもしれません。マスクを外して食事しているときに、スタッフと会話してしまったり……。会食もともにしていた近親者より、11月4日に『発熱した』と連絡があったときも、単なる風邪だと思っていました」

こう語るのは、昨年11月に新型コロナウイルスに感染した女優の川上麻衣子さん(55)。その翌日、彼女は主演ドラマの撮影のため、大阪へ移動した。

「夜に到着しましたが、なんとなく体がだるくて、食事もしないでそのまま寝てしまったんです。ここでも“移動の疲れかな”と考えていたんですね」(川上さん・以下同)

だが、心に引っ掛かりはあった。撮影初日となる11月6日の朝、体温計を買って検温をした。

「平熱でしたので安心して、夜まで撮影をしました。体調の変化はなかったんですが、ロケ弁当がひどく塩辛く感じたんです。いま振り返ると、コロナによる味覚障害だとわかりますが、そのときはコロナで味がなくなることはあっても、過敏になることはないと思っていました」

その晩から発熱し、体の節々の痛み、悪寒、疲労感におそわれた。プロデューサーに体調を報告し、7日の撮影を休みにしてもらった。

ホテルで待機しているタイミングで、東京の保健所から「濃厚接触者なので、2週間、外出を控えてください」と連絡があった。発熱を伝えてきた近親者の陽性が先に確認されたのだ。

「起きていると熱が下がって、横になると上がる感じ。39度は超えませんでしたが、38度をいったりきたりでした」

11月11日、数回の再検査を経て、陽性が確定した。芸能人ならではの悩みもあった。感染を公表するか否かだ。

「テレビ局側から『出演者から感染者が出たため撮影を中止したことを発表します。川上さんの名前は仮名にもできます』と言われました。でも、いずれわかることですから、公表することにしました」

SNSを通じてコメントも発表したが、その際に気をつけたのは“謝らないこと”だ。

「撮影が中止になり、“申し訳ございません”という気持ちはありました。でも、芸能人である私がそれを表明すると、ますます感染者の方が“言いづらい”雰囲気を作ってしまうのではないかと思ったのです」

11月14日、3日連続で発熱せず、発症から10日たっている(大阪の基準)ことで、3泊4日の療養施設での生活が終了。ようやく東京の自宅に戻ることができた。その後、嗅覚障害の回復までには1カ月も要した。後遺症の不安はいまも消えない。

1月20日、爆笑問題の田中裕二(56)がくも膜下出血、脳梗塞で救急搬送された。田中は8月にコロナに感染しており、後遺症への懸念をさまざまな場所で語っていた。たとえ軽症でも、血栓などによる後遺症の可能性があることがさまざまな報告から明らかになりつつある。

「コロナは本当におそろしい病気です。私が原因で感染したと思われる50代の知人女性は、基礎疾患の自覚がなかったんですが、感染後に糖尿病や血栓が見つかり、脳梗塞も起こして重症化。2回も危篤状態に陥りました。幸い脳の障害もなく、現在、リハビリで回復してきています。主演予定だったドラマは、すでに代役で撮影が終わっているはずです。病気で役を失うのは、芸能生活40年で初めてのことでした。多くの人が油断せず、感染対策をしてくださるように、自分の経験を語ることにしました。みなさんも気をつけてください」

「女性自身」2021年2月23日号 掲載