「広瀬さんは『もう、彼とはしばらく会っていない』と話していました。今度こそ田中さんとは別れたようですよ」(テレビ局関係者)

広瀬アリス(26)が交際4年になるバスケットボール日本代表・田中大貴(29)と破局したという。

「広瀬さんが(バスケットボールの)Bリーグ応援サポーターを務めた縁で16年末から2人の交際が始まりました。もともと広瀬さんはバスケ好きで、意気投合したそうです」(スポーツ紙記者)

一時は結婚報道も出ていた2人。だが昨夏、スポーツ紙で突如、2人の破局が報じられた。

「東京五輪が延期となり、競技に専念したい田中さんと、コロナ禍で時間の余裕ができた広瀬さんの間で溝ができたという内容でした。田中さんが新型コロナへの感染を発表した直後の報道で、広瀬さんには“強い結婚願望”があったとも。ですが、その翌日、別のスポーツ紙で、2人の関係者が『新型コロナと仕事のすれ違いで1カ月会っていないが交際は順調』と証言し、破局報道を否定したのです」(前出のスポーツ紙記者)

それから約半年――今度の破局は理由が異なるという。

「今度は広瀬さんが仕事で忙しくなり、別れを切り出したようなんです」(前出・テレビ局関係者)



■“隠れ視聴率女王”と呼ばれる広瀬アリス

現在、広瀬はドラマ『知ってるワイフ』(フジテレビ系)でヒロインを務めている。

「冬の連ドラの中でも数少ない『視聴率上向き傾向の作品』となっています。第3話6.5%、第4話視聴率7.6%、第5話視聴率7.8%と数字が上昇しています。最近の広瀬さんは、テレビ局内では“隠れ視聴率女王”とも呼ばれています。

昨年助演で出演した『トップナイフ』(日本テレビ系)は平均視聴率11.3%、『七人の秘書』(テレビ朝日系)は14.5%を獲得しています。彼女への出演オファーは絶えません」(民放テレビ局ディレクター)

彼女の評価が年々、増している理由は、視聴率だけではない。

「現場ではムードメーカーで有名です。新人スタッフにも明るく挨拶して、彼女が現場に入ってくると雰囲気が柔らかくなるんですね。女優業だけではなく、バラエティの仕事も増えるのは当然だと思います」(テレビ局関係者)

実際、広瀬は3月7日、『R-1グランプリ』(フジテレビ系)でMCを務める。生放送のバラエティ番組で司会を務めるのは初だという。彼女への仕事のオファーが殺到して恋人との間に距離が生まれたのだろうか。

広瀬の所属事務所に問い合わせたところ、担当者はこう答えた。

「プライベートなことは本人に任せております」

彼女の知人は言う。

「妹のすずさんには、よく連絡をとって恋愛相談しているそうです」

1月20日放送の『TOKIOカケル』(フジテレビ系)に出演した広瀬は、結婚願望について、

「まったくないですね。人と暮らせないです。1人でお湯割りを飲みながら映画を見るのが幸せ」

と語っていた。プライベートが充実しているいま、広瀬に“ワイフ”の選択肢はないようだ。

「女性自身」2021年3月9日号 掲載