ゆきぽよさん(24)不在の間に自宅で友人がコカインを摂取したとして、緊急搬送。その後逮、捕起訴されたと報じられてから1カ月近くが経ちました。これを受け、ゆきぽよさんはテレビで謝罪。しかしSNSを直後に更新し、テレビ出演も継続していることから批判の声が集まっています。

もともと「元カレ5人中4人が逮捕」といった衝撃エピソードを持ちブレイクした彼女ですが、“悪そう”と“実際に悪い”は別問題。イメージダウンは免れず、今後の活動がどうなるのか注目を集めています。

現在は反省の色を示して”いい子ちゃん”な対応をしている彼女ですが、そこにはギャルタレントならではの”立ち位置の難しさ”があるように思います。

■ギャルタレントが反省することの難しさ

ゆきぽよさんは謝罪をした後、テレビ出演をゆるやかに続けています。先日は人気バラエティ番組に出演。「男を見る目がさなそうな女」というテーマで痛いところを突っ込まれ、たじたじしていました。

今後の活動予定は不明とはいえ、彼女の現在の対応を見ていると中途半端な謝罪や反省行動には”ギャルタレントならではの難しさ”を感じずにはいられません。それは「やんちゃキャラ」の本当のファン層とテレビ需要という問題です。

ゆきぽよさんはもともと「元カレ5人中4人が逮捕」や「悪い男に惹かれがち」といった、やんちゃキャラを売り出すことでブレイクしました。そもそもギャルタレントの1番のファン層は、そうしたやんちゃさに惹かれた10代20代の同世代ギャルたちです。

いっぽうで彼女のテレビでの立ち位置は若者代表というポジションであり、その役回りは「おじさん達や世間をバシバシぶった切る怖いもの知らずな若者」といったものです。

今回の友人の薬物報道を受けた彼女は当然反省し、真面目な態度を心がけているわけです。ただそうするとテレビ的な役回りはこなせたとしても、パンチが弱くなるのは避けられません。そしてなにより心配なのが、彼女を支える同世代ファン達がすっかり興ざめしてしまう可能性もあるということです。



■ギャルタレントという立ち位置の難しさ

いい子になったら本来、大事にすべきファンが居なくなってしまう。そうなるともはや本末転倒ですし、本当の意味でタレント生命に関わります。しかしギャルタレントは年齢を重ねたら、いつかその立ち位置を卒業しなくてはいけないというジレンマの中にいます。

例えば大食い×ギャルでブレイクしたギャル曽根さん(35)は「ギャル曽根」という名前こそ健在ですが、ママ×大食い×料理上手といったキャラ変をして芸能界で生き残っています。

またペニオク騒動で姿を消したギャルタレントの小森純さん(35)もキッカケはさておき、ギャル特有の生意気なキャラは卒業。現在はネイルやアクセサリー事業に携わり、時々テレビに出演するといった変化を遂げています。

このようにギャルというキャラクターで売れたとしても、いつかその冠を取らなくてはいけません。そう考えるとゆきぽよさんの今回の騒動は、これを機にギャルといた立ち位置は残しつつ次のステップに進むためのキッカケになる可能性もあります。

違法薬物を使っていた友人と親しくしていたという事実は立場的にも謝罪すべきことですし、今後は社会人としての節度のある行動は必要です。

しかしだからといって自分らしさを抑えすぎて、テレビになんとか迎合していくキャラ変も喜ぶべきことではありません。

現在はテレビがダメでもSNSやYouTubeといった発信ツールはたくさんあり、らしさを無理に消す必要はない時代。「ピンチはチャンス」というように、ギャルマインドの見せ所なのだと思います。

(文:おおしまりえ)