8年ぶりに視聴率20%と、大河ドラマの初回視聴率として久々に明るい話題をもたらした『青天を衝け』(NHK)。16日には渋沢栄一の出身地である埼玉県深谷市で、大河ドラマ館が開館した。

栄一の生家「中の家(なかんち)」のセットが再現されたもので、現存する旧渋沢邸の間取りを参考に設計。いろりを見ては、ここで栄一は家族団らんを楽しんでいたのね、といった感じでドラマの世界に浸れるのだ。

出演者のインタビューを上映する「4Kドラマシアター」もあり、館内のどこからか吉沢亮が飛び出してきそうな錯覚にも。ほかに出演者が着用した衣装、サインなどが展示されている。

ドラマの進行に合わせて展示内容も変更される予定で、1年を通してドラマを肌で感じられる場所になりそう!

【渋沢栄一 青天を衝け 深谷大河ドラマ館】 2022年1月10日(月・祝)まで開設 開館時間:9〜17時(最終入館16時30分) 休館日:無休 料金:大人800円 住所:埼玉県深谷市仲町20-2

「女性自身」2021年3月9日号 掲載