元YouTuberのワタナベマホトこと渡辺摩萌峡容疑者(28)が3月17日、児童買春・ポルノ禁止法違反(製造)の疑い逮捕されたことがわかった。

「マホトさんは昨年、当時15歳の女子高生のファンにわいせつな写真を送るよう要求していたのです。さらに少女が友人に相談したことで彼は逆上し、『画像を晒すぞ』などと恫喝もしていたといいます。実はマホトさんが逮捕されたのは、今回で2回目。19年6月にも同居していた女性に暴行を加えたとして、現行犯逮捕されていたのです」(捜査関係者)

そんな渡辺容疑者は今年1月21日、元欅坂46で女優の今泉佑唯(22)との結婚を発表。同時に今泉も公式サイトで、結婚と妊娠中であることを報告していた。

「報告直後は、ファンの間で祝福の声が広がっていました。ところがその夜、YouTuberのコレコレさん(31)がマホトさんのわいせつ行為を暴露。一転してその翌日に、マホトさんは所属事務所を解雇されることに。

世間からも批判が殺到し、マホトさんは“けじめ”として3月2日にYouTuberの引退を発表しました。今泉さんのもとには、これから生まれてくる子供のことや将来を案じる声が寄せられています」(スポーツ紙記者)

3月17日に配信された日刊スポーツの記事によると、渡辺容疑者と今泉は婚約をしているものの入籍はしていないという。もしも入籍するとなると、今泉は渡辺容疑者の“罪の償い”に一生添い遂げていくことになる。

「今泉さんは渡辺容疑者のわいせつ行為を知った直後、泣き崩れるなど精神不安定になったといいます。昨年10月から体調不良を理由に活動休止していただけに、精神的なダメージは計り知れません。

いっぽうYouTuberを引退した渡辺容疑者は収入源も途絶え、経済的な余裕もないそうです。出産を控えている今泉さんにとって、渡辺容疑者を支えていくのは容易いことではありません。仮に今泉さんが出産後に復帰する意向だったとすれば、入籍することは活動にも影響を及ぼすのではないでしょうか……」(芸能関係者)

渡辺容疑者について、「どんなときも優しく包み込んでくれる彼とこの先もずっと一緒にいたい」と綴っていた今泉。果たしてシングルマザーの道を選ぶのか、それとも渡辺容疑者と“一蓮托生”を歩むのだろうか――。