巧みな“入れ替わり演技”が話題の綾瀬はるか(35)。視聴者だけでなく、共演する2人の俳優も度肝を抜かれた! 今期ドラマ視聴率ダントツ『天国と地獄〜サイコな2人〜』(TBS系・日曜21時〜)に出演の溝端淳平(31)と柄本佑(34)が、綾瀬の名演ぶりを証言&今後の見どころを教えてくれましたーー。

■溝端淳平(八巻英雄役・警視庁捜査一課の刑事で彩子の相棒。仕事は楽なほうがいいと考えるゆとり世代)

【名演1】日高に入れ替わってからの自然さ 女性の姿になったことを楽しんでいるかのように平然と刑事の職務に就く彩子〈日高〉(綾瀬)。※〈〉内は中身の人物名

「日高(高橋一生)になった彩子を演じるときのほうがすごくナチュラルに現場に入っているなあという印象でした。おかげで僕自身も肩の力を抜いて芝居に集中できました」(溝端)

【名演2】彩子のチャーミングぶり 1話の、入れ替わる前の正義感が強い彩子の真面目さが目立つ場面。

「彩子が『望月、出られます!』と何度も手を上げるところなど、かわいコぶっているわけじゃないのにあんなにチャーミングに演じられるなんて、さすが綾瀬さんだと思いました」

【名演3】陸との関係性 日高〈彩子〉(高橋)から魂が入れ替わったことを聞かされた陸(柄本佑)が、日高〈彩子〉に協力するため彩子の家に戻った場面。

「陸を見る彩子〈日高〉の表情が恋愛感情のようにも見えるというか、陸に対して単なる同居人ではない思いみたいなものが垣間見られて素敵でした」

ーー初共演となる綾瀬さんとバディを組んだ感想は?

「いい意味でイメージどおりの方で、初対面のような気がしない。つねに自然体ですし、優しいオーラで僕らを癒してくれる存在です」

ーー「今回、八巻刑事を演じるうえでいちばん意識したことは?

「彩子の中身が日高だと八巻が気づくところがポイントでした。入れ替わったことを素直に受け入れられるピュアな人間だということが、見る人にすんなり入ってくるような役づくりを心がけました」

ーー入れ替わりに気づいた八巻に日高〈彩子〉が「八巻、お手柄だよ」と言うシーンは泣けました。

「僕もオンエアで初めて見て、彩子と八巻の関係性が集約されていると思いました」

ーーこれからの展開で八巻としての見どころを教えてください。

「視聴者の間で“八巻犯人説”があるようなんです。いい意味でも悪い意味でも八巻はハラハラさせてくれると思いますので、今後八巻がどう動くのか楽しみにしていただければ幸いです」



■柄本佑(渡辺陸役・彩子の家に居候中のフリーター。ふだんから敵の多い彩子にとって唯一の心のよりどころ)

【名演1】歩き方もカッコよすぎる! 闇カジノに潜入捜査するため、彩子〈日高〉がドルチェ&ガッバーナのドレスをまとって現場へ向かう場面。

「ふだんの綾瀬さんの性格だと恥ずかしがりそうですけど、芝居になると歩き方も違う。綾瀬さんが本気を出すとあんなにカッコいいんだと思い知らされました」(柄本)

【名演2】本人も戸惑い!? キスシーン 帰宅した陸が証拠品を回収して外出する彩子〈日高〉に出くわし、突然キスされる場面。

「俺もいまだになんでキスされたのかわかんないんですよ。謎に急だったし(笑)。オンエアを見ても、キスシーンというより陸が攻撃されてる! みたいな感じに見えたんじゃないかなあ」

【名演3】自分に向いてないときの表情にゾッ…… 彩子〈日高〉がエプロン姿でにこやかに陸を出迎える場面。

「彩子が陸と目を合わせているとき、後ろを向いているときと全然顔が違うんです。オンエアで初めて見たとき、“こわっ!”と思った(笑)。話し方は柔らかいけど顔は怖い。綾瀬さんの新しい一面を見ました」

ーー綾瀬さん演じる彩子の同居人という役を演じた感想は?

「がっつり一緒にやれるのは久しぶりで、とってもうれしかったです。お互い最初に10代で(ドラマ『世界の中心で、愛をさけぶ』のときに)出会ったこともあって役者仲間という意識はずっと持っていました。綾瀬さんは当時と全く変わらないから、そこが素敵ですね」

ーー今回、中身が日高になった彩子を演じる綾瀬さんの印象は?

「綾瀬さんの男の芝居ってカッコいいですね。現場ではスマホのいじり方ひとつとっても非常に細部に至るまで熱心に取り組んでいる姿をよく見ます。あと、男が思う理想の女の話し方みたいなものを研究しているのだと思います。『こういうときはどう言う?』って聞かれるから、真面目に答えています(笑)」

ーークライマックスに向けての見どころは?

「心と体が入れ替わった彩子と日高がどういう選択をしていくのか。そこが見どころのひとつになると思います」

「女性自身」2021年3月23日・30日合併号 掲載