「松本さんと久しぶりに会った人が、彼が髭を生やしていてビックリしたそうです。他人目があるところでは必ずマスクをしているので、意外に気づかれていないそうですが……」(芸能関係者)

'23年の大河ドラマ『どうする家康』への主演が決まった松本潤(37)。嵐の活動休止から3カ月。しばらく表舞台から離れている松本だが、プライべートでは徳川家康さながらに髭をたくわえた生活を送っているという。

「大河ドラマの役づくりの一環で、まず自分の髭面がどう映るか確認してみたかったそうです。嵐の活動中は、なかなかできなかったことですから。

これだけの期間、仕事が入っていないのも人生で初めてだとか。今まで経験できなかったことができるようになっていることに、本人は嬉しくて仕方ないようです」

そう語るのは、松本の知人だ。

「本来なら当面、演出の勉強でNYに長期滞在する予定でした。しかし、コロナ禍で断念したんです」

そのため、時間のある今のうちに大河ドラマのイメージを把握しておきたいのだという。

「彼が意欲的なのは、現在放送中の大河ドラマ『青天を衝け』でまさに北大路欣也さんが徳川家康を演じているからでしょうね。毎週欠かさず見ているといいます。北大路さんとは’08年の映画『花より男子ファイナル』で共演していますから、尊敬する大先輩の風格ある演技に触発されているようです」(前出・松本の知人)

松本が時代劇に挑戦するのは'08年、黒澤明監督のリメイク作品となった映画『隠し砦の三悪人 THE LAST PRINCESS』、'19年のNHK SPドラマ『永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎』に次いで3作目となる。

「とはいえ、1年以上にわたって時代劇の主役を演じる経験はありません。そのため、親しい人たちに心構えを聞いたところ、『隠し砦の三悪人』の黒澤明監督が主演の三船敏郎さんに“ふだんの日常生活で和服を着る”よう指示したという逸話を耳にしたそうです。

そこで、和服を実際に毎日着ることはしないまでも、松本さんの友人である中村七之助さんや尾上松也さんに和服の所作や振舞いを聞いたり、時代劇の映像を見たりして、今から家康像のイメージを作り上げているそうです」

大河開始2年前から、早くも自宅で“なりきり家康”として修業中の身の松本だが――。

「とはいえ、主演映画『99・9-刑事専門弁護士-THE MOVIE(仮)』(今冬公開予定)の撮影がまもなく始まります。5年ぶりの復活を松本さんも喜んでいました。もちろん髭を剃ることになるでしょうから、“なりきり”生活はクランクアップまで一時中断ですね」(前出・松本の知人)

3カ月の沈黙を経て、再び俳優業にいどむ松本。嵐の活動中とはまた違った姿を見せてくれそうだ。

「女性自身」2021年4月6日号 掲載