「独立記念日なんですよ……パパの誕生日」

ジャニーズ事務所を退所して丸1年。中居正広(48)が3月27日放送のラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』(ニッポン放送)で、6年前に喉頭がんで亡くなった実父・正志さん(享年79)の誕生日・4月2日が、ジャニーズからの独立記念日だと明かしたのだ。

「昨年、中居さんが個人事務所『のんびりなかい』を設立した2月19日は、お父さんの命日でした。今年七回忌を迎え、『酒を飲むたびにいまも思い出す』と周囲に語っていました。夢にも頻繁に出てくるそうです」(制作関係者)

没後1年のインタビューで、中居は実際にこう語っている。

「夢にも出てきますよ。昨日、一昨日も出てきて、かなりの出演回数ですね。若い頃のお父さんが出てきたりもします」(『ザテレビジョン』2016年4月29日号)

テレビ局関係者は言う。

「中居さんは3人兄弟の末っ子。裕福ではないながらも、息子たちを必死に育てた正志さんを心から尊敬していました。中居さんが野球好きなのは、スポーツが得意だったお父さんの影響です」

がん闘病中の病床で、「自宅の部屋に戻りたい」と語った正志さん。

「亡くなる1週間前に中居さんは正志さんを連れて地元を巡る小旅行に出たそうです。幼少期を過ごした藤沢時代のアルバムを見ながら、キャッチボールをした壁など思い出の場所を撮影しつつ巡ったと聞きました。最期は自宅で、そのときの映像を一緒に見て、正志さんは眠るように天に召されたといいます」(前出・テレビ局関係者)



■正志さんの部屋は中居にとっての“シェルター”

正志さんが住んでいたのは、中居が’03年に購入した、都内マンションの最上階にある30坪ほどの部屋だった。

「遺骨は中居家の墓のほか、父の部屋にも分骨しているそうです。父の愛用品の数々も、そのまま彼の部屋に残しているといいます。正志さんの死から6年が経過しましたが、中居さんは近しい人にいまだに『親父の部屋を処分する気はない』と話していると聞きました」(前出・テレビ局関係者)

終活カウンセラー協会代表理事・武藤頼胡さんは言う。

「故人の住まいや遺品をそのままにしておくことは、母子や夫婦の間で多いです。ただ、父親と息子というケースは少ないです」

親子関係カウンセラーの横山真香さんは、「お父さんは今もいる」という感覚なのだろうと推察する。

「ストレスの大きい生活を送る中居さんにとって、シェルターのような場所が必要ならば、それがまさにお父さまの部屋なのでしょう。素の自分に戻れる場所で、父を感じられる場所なのだと思います。七回忌を迎え、亡きお父さまと共存できている、いちばんいい状態を見つけたのかもしれません」

野球を愛した父の部屋は、中居がいつでも帰ってこれる“心のホームベース”なのだろう。

「女性自身」2021年4月20日号 掲載